会員の声。さばちゃん。あのとき晴れ間に行かなかったら今の私は存在しない。

私にとっての『晴れ間』。

私が初めて晴れ間に行ったのは、いま思い返せば7年前の、就職活動の時期でした。

とある会社説明会の帰りに、とあるカフェに寄って注文したメニューをぼーっと待っていました。

そんななか、親友から急に電話が。

「今から知り合ったお姉さんたちにオシャレな場所に連れて行ってもらうんだけど、一緒に行かん!?」

と誘われ、

「行く!!」

と即答。

そして、注文をお断りして、急ぎ足で集合場所に向かい、連れて行ってもらった”オシャレな場所”が、そう、『晴れ間』だったのです。

当時の晴れ間は、スタートして1年と少し。

いまのようなスペースではなく、「岡山づくしの雑貨屋さん」でした。

近くの大学に通い、よくお茶会のイベントで後楽園に行っていましたが、

「近所にこんな素敵で面白い場所があるなんて!」

と、驚いたことを今でも覚えています。

その日、お兄さんが出してくれたホットミルクティーの美味しさに感動して、

「ここでカフェのお手伝いをさせてください!」

と、その場でお願いし、お抹茶部隊としてカフェ営業に関わることになったのが、晴れ間に関わっていったきっかけでした。

3回ほどお抹茶イベントを企画した記憶がありますが、自然な流れで晴れ間のイベントに参加することが増えていきました。

当時の私は大学4年生。

家族やサークル・学科の友達といった限られた人間関係で「ごく普通」に暮らしていた私にとって、性別や年齢、ときには国籍に捉われない、晴れ間に来る様々な人と関われる空間は、とても貴重で大切な場所でした。

社会人になり、最初に就職した職場は、よくあるブラック企業。

仕事に忙殺されていた毎日に、癒しをくれたのも晴れ間のみんなでした。

早朝6時からの長時間労働のあと、夜な夜な車を運転して、よく七輪会にも参加していました。

たしか、晴れ間の3周年で「明日仕事辞めるって伝えます!!」と宣言したような気も・・・。笑

社会人2年目から、生活の拠点が岡山になり、それからずっと晴れ間に関わってきました。

昨年は全国をふらふらしながら生活した1年でしたが、

  • まさとさんに履歴書を添削していただいたり
  • 島生活で知り合ったお姉さんたちとフリーマーケットをしたり
  • 関東ではオンラインで遠隔参加したり

と、ありがたいことに、みんなとのつながりは消えませんでした。

ところで、関東にいた数ヶ月は、とある観光地でリゾートバイト生活をしていました。

そこで私は、人生で最大の「社会的な矛盾」を目の当たりにし、毎日精神的に苦しむことになりました。

  • 職場の人に伝えても理解されない
  • 気軽に話せる仲の良い友達もいない
  • 相談した両親にも「お前を理解できない」と言われる
  • その土地のコミュニティにすがろうにも、そういう人たちが全くいない(というより存在しない)

という、(当時は)地獄のように感じられる日々。

誰にも理解されなかった、もやもやした苦しみを取り除いてくれたのも、晴れ間のみんなでした。

上京していた晴れ間の友達と一緒に、東京と岡山でオンラインで繋げ、お互いの近状報告をしながら、ストレートに気持ちを吐き出しました。

否定することなく同じ視点で気持ちを共有してくれて、どれだけ心が軽くなったことか。

本当に本当に、ありがたかったです。

この7年間、晴れ間をきっかけに、本当にたくさんの人と縁を結ぶことができました。

いま、私は地元の倉敷よりも、岡山で過ごしている方が、

  • 「まちで生きている」
  • 「人とつながっている」

という実感があります。

海外の友人を何人か、晴れ間のイベントに招待したことがありますが、

  • 「今までで1番日本人を近くに感じられた」
  • 「日本の実家みたいでとても温かい空間」
  • 「観光してても絶対に見つけられない秘密基地みたいな場所」

と、とても喜んでくれました。

晴れ間のあったかさは、万国共通だと思っています。

晴れ間=素敵な仲間

は絶対条件ですが、

晴れ間=出石の物件

は、そうでないのかもしれません。

必要条件ですらないのかもしれません。

でも、私は、今まで人と人とを繋げてきたあの空間は、岡山に絶対必要な場所だと信じています。

もしあのとき、晴れ間に行かなかったら今の私は存在しないと思っています。

同じように感じている人も、きっとたくさんいるのでは!

いち晴れ間が好きな人間として、純粋に無くなってほしくありません!

いつもの出石町のあの場所で、みんなでまったり鍋を囲む日々が続いてほしい。

晴れ間が好きなみんなに、ぜひお力添えいただきたいです!

よろしくお願いします!!

会員登録

さばちゃんの文章を読んで「会員登録しよう」と思った方、ありがとうございます。

下記ページから登録することができます。

登録ページ

目次

晴れ間自体のことや募集中の会員制度のことなど、他にもいろんな記事を用意しています。

下記ページから、いろいろと読んでいただき、晴れ間の価値観や方向性に共感・賛同くださると嬉しいです。

目次ページ