晴れ間の室内に雨が降りました。

2018.04.24(火)。夜も深くなり、時刻は23:00ごろ。外は雨。段々と雨足が強まってきました。僕(まさと)はというと、いつも通り1階のこたつで作業中。

この日は、WordPressの移行を頼まれた会社のドメイン取得を昼にしたので、仮サイトを見ながら本サイトを構築。15:30ごろ開始した作業も、没頭していて気づけばノンストップで7時間半。

さすがに空腹も限界に達したので、ご飯でも炊こうと思ったころでした。

「ポタッ…」

「ピチャッ…」

ザーザーという外から聞こえる雨音とは違ったので、すぐ異変に気づきました。なんなら数日前の雨でも同じような現象が起きたので。

「またか…」

と思って、1階の入口付近に発生した雨漏りを受ける用に、近くにあったゴミ箱(小)を2つほど召喚。雨が落ちてくる真下に設置しました。前回これで大丈夫だったし、まあ大丈夫だろうと。

「飯でも炊くか」

米びつから1合、晴れ間の食料庫ことセブンイレブンで買った米をすくい、昔「米は美味しく食えよ」とじいちゃんが買ってくれた5合炊きの良い炊飯器の釜に入れます。

水でジャバジャバと洗って、炊飯器にセット。早炊きでスイッチオン。前に測ったのですが、17分で炊き上がります。

で、またこたつに戻って作業再開。と思いきや、なんか雨の滴る量が増えている…?ポツポツだったのが、パラパラという印象。落ちてくる範囲も広がっています。

「今日そんなに雨強いっけ?」

と不思議に思いながらゴミ箱(小)やゴミ箱(中)を増員。しかし、時間が経つにつれてもっともっと広がります。しまいには天井と天井の境い目にまで伝って、水のカーテンのような状態に。

笑うしかないような光景にあっけにとられてしまいましたが、呑気に眺めている間に床はどんどん水浸しに。慌てて我に返り、雑巾やら鍋やら寿司桶やらを総動員。しかし、追いつかない。

そうこうしているところに救世主の登場。弟がたまたま連絡をくれていて、ちょうど来るころだったのです。弟が到着するや否や「助けて」と兄。「なんじゃこりゃ」と弟。「災害やん」と弟。

前回「2階は異常なし」って感じだったので、1階が原因と思い込んでいましたが、やっぱり諸悪の根源は2階でした。弟が来たことにより、2馬力となったため、改めて点検。場所を突き止めました。

「ここか…」

2階の窓上の壁と天井の際のところから雨が流れ込んできていました。それも結構な勢いで。普通の大きさのバケツなんて、ものの1,2分で満杯になるぐらいの量でした。

これが2階の床を浸水させ、そしてこれが流れ流れて1階へと漏れ落ちてきていたのです。とりあえず、ここまでは解明できたので、次はここからどうするか。

しばらく2人で雨をバケツやプラスチックの入れ物で受けながら、対処法を考えました。と言っても、僕はワタワタしていただけ。割とパニック状態の兄に対して、弟がいろいろと提案してくれました。

「これに穴開けて流そう」

弟の名案炸裂。すぐさまアイスピックを持ってきてブスブス。プラスチック容器の側面に穴を5か所・10か所と開けました。すると、雨はアルミのサッシや外壁を伝い、部屋の外へと流れ落ちるように。

1時間ほどあれこれ格闘した結果、なんとか落ち着きました。1階の雨漏りも見事ストップ。床を拭いたり、ゴミ箱やら鍋やら寿司桶やらに溜まった水を流したりの後始末をしてひとまず終了。

弟にお礼を言って見送りました。これ、1人だと絶対できなかったと思うので、弟が来てくれて本当に大助かり。「災害やん」と弟に言われましたが、室内に雨が降るなんて、もう本当に災害です。

その後は、夜中に数回チェックしに行きましたが、問題なくちょろちょろと穴から流れていました。室内は少しの飛び散りで済んでいたので、床にバスタオルを敷き詰めて対応。

雨も23:00前後の2,3時間ぐらいがピークだったみたいでした。徐々に弱まってくれて良かったです。これが、夜中ずっととか、朝までとか、昼も夕方も…と続いていたら地獄でしたね。

とは言え、また雨が降れば同じことが必ず起こります。とりあえず具体的にどこから雨が吹き込んでいるのか調べるために、その辺りの天井に貼られてあったベニア板を剥がしました。

2011年1月から9月までの約9か月、週末を中心に近所のおじさんや副代表理事のまさのりたちとセルフリノベーションしてできたこの晴れ間。確かにこれまでの7年間にも雨漏りはちょこちょこありました。

が、ここまでひどいのは初体験。雨漏りというかもう雨なので、これは本格的な対処が必要です。自分でも点検しつつ、早めに要相談ですね。

物置きと化していた2階奥の部屋を片づけるきっかけにもなりそうです。今回の教訓は、物置き状態の部屋で雨漏りが発生すると足場がなくて動きづらい…でした。

この記事の書き手

まさと

NPO法人晴れ間 代表理事。1987年4月10日、大阪府大阪市にて生誕。小中高は愛媛で生活。大学に入学した2006年から岡山市在住。大学卒業後そのまま起業。2010年10月に創業し、2011年10月1日に晴れ間を開業。『うらじゃ』にも2008年から参加している。

ブログカテゴリー

ブログメンバー


最近の記事

みんなの晴れ間

@harema_okayama

instagram#晴れ間岡山で投稿!

晴れ間とは?

特定非営利活動法人晴れ間(NPO法人晴れ間)。
創業:2010.04.01〜、開業:2011.10.01〜(『晴れ間』開店日)、法人化:2014.04.01〜。
雑貨屋、完全寄付制のフリースペース、予約制の貸しスペースを経て、現在は会員制のコワーキングハウスとして運営中。
安心して生きれる社会と、+αのチャレンジ精神を生み出す、ゆるやかな人の繋がりづくりを目指して、イベントやコンテンツ作りを行なっている。

運営メンバー

『晴れ間』は、NPO法人(特定非営利活動法人)として、3人の理事を中心に運営しています。

代表理事

渡邊 雅斗

わたなべ まさと

1987年4月10日、大阪府大阪市にて生誕。小中高は愛媛で生活。大学に入学した2006年から岡山市在住。大学卒業後そのまま起業。2010年10月に創業し、2011年10月1日に晴れ間を開業。『うらじゃ』にも2008年から参加している。

ブログ記事を見る >

副代表理事

山本 将徳

やまもと まさのり

岡山県津山市出身。晴れ間の他にも、複数のNPOや一般社団法人、岡山市の商店街などで事務や経理などを担当している。好きな食べ物は柿の種多めの柿ピー。

ブログ記事を見る >

理 事

杉原 禎章

すぎはら さだあき

岡山市出身。県立大学でプロダクトデザインを学んでいた頃にお客として晴れ間を訪れる。集う人の多様さに衝撃を受け、主にデザイン制作で晴れ間と関わることとなる。現在はデザイン会社勤務。

ブログ記事を見る >

東京支部

田中 智美

たなか ともみ

東京都出身。ひょんなことから、代表まさとと出会い、晴れ間に遊びに来る。1週間岡山観光もせず晴れ間で毎日、人と出会い続けたことから、コミュニティの面白さを感じ、東京支部をつくりたいと思っている。

ブログ記事を見る >