「格安○○」の先にあるもの

今年に入って、auからDMMの格安SIMスマホに替えました。

キャンペーン期間で、この3ヶ月は月10,000円→月500円になりました。

 

飛行機だとピーチをはじめとするLCC(格安航空券)など、「格安○○」はより身近なものになってきています。

 

 

このような「格安○○」が、もっと色んな分野に広がっていきそうな予感がします。

一昔前のような「安かろう悪かろう」が当たり前では無くなるのかもしれません。

 

将来的には、格安住宅、格安自動車、格安ロケット、などなど出てくると面白いですね。

もはやバズワードになっている「シェアリングエコノミー」についても書いてみたいと思いますが、それはまた今度。

 

 

 

会社ごとの比較や、大手キャリアと比べてのメリット・デメリットなど、まとめサイトはネット上で充実しているので省くとして、3ヶ月ほど使ってみた雑感などを書きます。

 

昨年末から、ネットでまとめサイトなどを検索したり、窓口のあるところはいくつか回ってお話を聞きに行きました。ある会社の方からは、「大体3万円くらいの機種だと、問題なく使えますよ」と教えてもらったので、アマゾンで2万円くらいのスマホ本体を買い、SIMは単純にコスパでDMMにしました。

 

結論から言うと、格安SIMスマホでも全く問題無いです。

1点だけ、機種のメモリが小さいと、アプリをたくさん入れられないので、アプリをたくさん入れたい人は、容量の大きい機種にした方がいいと思います。僕は古いスマホを実験用として使うようにしています。

 

PCと併用してWi-Fiも使うので、通信制限にかかるか、かからないかのぎりぎりラインで3ギガのプランにしていますが、普通のデータ通信でもFacebookやLINEなどのSNSはスムーズに更新されるし、電波自体が弱い場所でなければYouTubeもスムーズに再生されます。GmailやDropboxでファイルを読み込む時も、大体のものはさくっと読み込めます。

 

 

と、ここまでは格安SIMスマホの体験レビューをつらつらと書きましたが、本題はそこではなくて。

もちろん、大手キャリアを使う人がいるから格安SIMスマホも成り立っているので、全員が移行してしまうことはできないわけですが、格安SIMスマホのように、身の回りのものがどんどん「格安○○」だらけになったら、どういう生活になるかというのを考えてみたいと思います。

 

 

例えば生活に使っているものを、一部「格安○○」に替えることによって、毎月の生活コストが半分になったとします。

すると、極端に言えば、働く時間を半分にしてもいいわけです。

 

では、その浮いた時間とお金を何に使うのか?

 

好きなところに旅行に行ってもいいし、やってみたかったことにチャレンジしてもいい。

晴れ間で友達と朝までぐだぐだしてもいいし、無人島でキャンプしてもいい。

 

それってかなりゆとりのある、心身ともに健康で、豊かな生活だと思うんです。

 

晴れ間で盛り上がったネタを深夜のテンションで動画にしたら、なんかYouTuberとしてウケちゃった、みたいな。

そんな感じで、ゆるいつながりから新しい可能性を発見していくようなコミュニティーってどうでしょうか。

 

 

日本などの豊かな国で、これから生活にかかるコストはどんどん下がっていくと思います。

それは、競争や技術面のこともあるかと思いますが、無駄やゆとりで見落とされてきたものに、スポットライトが当たってきたということもあるでしょう。

 

特に僕達のようなゆとり世代と言われる層、あるいはもっと下の高校生・大学生などとお話していると、なんとなくセンサーが機能していて、それが逆に「大人の人達は当たり前だと思っているけど、これってどうなの?わたしたちの進む道はこっちで合ってるの?」という不安の素になっているように思います。

 

たまたまイベントなどで会った人から、自分とは全然違う視点でぽろっと教えてもらったことが、実は悩みを軽くしたり、新しいつながりに発展したりすることもありますよね。

 

そういった、ゆとりのある、豊かで多様で安心できる場をいつでも整えておくことが、晴れ間の役割のひとつとして大事にしていった方がいいんじゃないかなあ、とか。

 

みなさんがもっと晴れ間に参加しやすくなる/参加したくなるような取り組みも考えていきたいよね、と相談中です。

乞うご期待!

 

*格安SIM/格安スマホについて、晴れ間メンバーは代理店でも無いですが、ある程度はお伝えできるかと思うので、イベントなどで遊びに来たついでに相談してみてください笑

 

ではでは。

 

まさのり

この記事の書き手

まさのり

NPO法人晴れ間 副代表理事。岡山県津山市出身。晴れ間の他にも、複数のNPOや一般社団法人、岡山市の商店街などで事務や経理などを担当している。好きな食べ物は柿の種多めの柿ピー。

ブログカテゴリー

ブログメンバー


最近の記事

みんなの晴れ間

@harema_okayama

instagram#晴れ間岡山で投稿!

晴れ間とは?

特定非営利活動法人晴れ間(NPO法人晴れ間)。
創業:2010.04.01〜、開業:2011.10.01〜(『晴れ間』開店日)、法人化:2014.04.01〜。
雑貨屋、完全寄付制のフリースペース、予約制の貸しスペースを経て、現在は会員制のコワーキングハウスとして運営中。
安心して生きれる社会と、+αのチャレンジ精神を生み出す、ゆるやかな人の繋がりづくりを目指して、イベントやコンテンツ作りを行なっている。

運営メンバー

『晴れ間』は、NPO法人(特定非営利活動法人)として、3人の理事を中心に運営しています。

代表理事

渡邊 雅斗

わたなべ まさと

1987年4月10日、大阪府大阪市にて生誕。小中高は愛媛で生活。大学に入学した2006年から岡山市在住。大学卒業後そのまま起業。2010年10月に創業し、2011年10月1日に晴れ間を開業。『うらじゃ』にも2008年から参加している。

ブログ記事を見る >

副代表理事

山本 将徳

やまもと まさのり

岡山県津山市出身。晴れ間の他にも、複数のNPOや一般社団法人、岡山市の商店街などで事務や経理などを担当している。好きな食べ物は柿の種多めの柿ピー。

ブログ記事を見る >

理 事

杉原 禎章

すぎはら さだあき

岡山市出身。県立大学でプロダクトデザインを学んでいた頃にお客として晴れ間を訪れる。集う人の多様さに衝撃を受け、主にデザイン制作で晴れ間と関わることとなる。現在はデザイン会社勤務。

ブログ記事を見る >

東京支部

田中 智美

たなか ともみ

東京都出身。ひょんなことから、代表まさとと出会い、晴れ間に遊びに来る。1週間岡山観光もせず晴れ間で毎日、人と出会い続けたことから、コミュニティの面白さを感じ、東京支部をつくりたいと思っている。

ブログ記事を見る >