晴れ間のピースについて考えてみた。

今や世界中で注目を集めているウルトラテクノロジスト集団チームラボ。
何かしら「オタク」なスペシャリストが集まり、集団で天才的なアート作品を次々に生み出しています。

その中でも、特に印象にのこっているのは秩序がなくともピースは成り立つ」という作品です。

まだ本物は見たことがありませんが、近いうちに見に行きたいなあと思っています。

(以下、文中より抜粋)
インターネットによって、人は好きな人々と勝手につながっている。そのことが加速され、結果的に、世界中がつながっていっている。人々にとって、互いにつながっている者同士の影響がもっとも大きくなってきている。そんな新しい時代で感じていることが、プリミティブな踊り祭りでの体験とリンクし、新しい時代は、今とはまったく違った方法論でピースを成り立たせる可能性があるのではないかと感じさせる。

SNSを通して晴れ間を知った方もいらっしゃると思いますし、たまたま通りかかった方、あるいは、お友達の紹介で連れて来られた方もいらっしゃるかもしれませんね

晴れ間では、ごはん会や打ち合わせ、展示や時にはライブなどしていたこともあり、どのようなスペースなのかはっきり分かりづらいところもあるかと思います。

それでも「晴れ間に行きたい。晴れ間界隈の人たちとつながりたい。」と足を運んでくださる方や、普段は遠くてなかなか来られないという方も色んな形で応援してくださり、感謝しております。

僕たち運営メンバーとしては、0%の無法地帯にも、ルール100%の刑務所にもしたくないわけで。

踊りたい人は踊れば良いし、踊りたくない人は笛を吹いても良い。自由でピースな状態。

そのピースバランスをどのようにとっていくのか。

自分たちも含めて、晴れ間を好きでいてくださる方々が心地よい空間をどのようにつくっていくのか。

まあこうして頭の体操をしたり、試行錯誤しているプロセスもけっこう楽しかったりするわけですが

もしかするとみなさんは、「秩序がなくともピースは成り立つ」体験や空気を晴れ間を通じて感じているのかなあ、と思ってちょいと考えてみました。

ではでは。

まさのり

この記事の書き手

まさのり

NPO法人晴れ間 副代表理事。岡山県津山市出身。晴れ間の他にも、複数のNPOや一般社団法人、岡山市の商店街などで事務や経理などを担当している。好きな食べ物は柿の種多めの柿ピー。

ブログカテゴリー

ブログメンバー


最近の記事

みんなの晴れ間

@harema_okayama

instagram#晴れ間岡山で投稿!

晴れ間とは?

特定非営利活動法人晴れ間(NPO法人晴れ間)。
創業:2010.04.01〜、開業:2011.10.01〜(『晴れ間』開店日)、法人化:2014.04.01〜。
雑貨屋、完全寄付制のフリースペース、予約制の貸しスペースを経て、現在は会員制のコワーキングハウスとして運営中。
安心して生きれる社会と、+αのチャレンジ精神を生み出す、ゆるやかな人の繋がりづくりを目指して、イベントやコンテンツ作りを行なっている。

運営メンバー

『晴れ間』は、NPO法人(特定非営利活動法人)として、3人の理事を中心に運営しています。

代表理事

渡邊 雅斗

わたなべ まさと

1987年4月10日、大阪府大阪市にて生誕。小中高は愛媛で生活。大学に入学した2006年から岡山市在住。大学卒業後そのまま起業。2010年10月に創業し、2011年10月1日に晴れ間を開業。『うらじゃ』にも2008年から参加している。

ブログ記事を見る >

副代表理事

山本 将徳

やまもと まさのり

岡山県津山市出身。晴れ間の他にも、複数のNPOや一般社団法人、岡山市の商店街などで事務や経理などを担当している。好きな食べ物は柿の種多めの柿ピー。

ブログ記事を見る >

理 事

杉原 禎章

すぎはら さだあき

岡山市出身。県立大学でプロダクトデザインを学んでいた頃にお客として晴れ間を訪れる。集う人の多様さに衝撃を受け、主にデザイン制作で晴れ間と関わることとなる。現在はデザイン会社勤務。

ブログ記事を見る >

東京支部

田中 智美

たなか ともみ

東京都出身。ひょんなことから、代表まさとと出会い、晴れ間に遊びに来る。1週間岡山観光もせず晴れ間で毎日、人と出会い続けたことから、コミュニティの面白さを感じ、東京支部をつくりたいと思っている。

ブログ記事を見る >