2018年に挑戦したいことは「ブログ」と「クラウドファンディング」の2つです。

まさとです。

2018年は、2つのことに力を入れたいと思っています。

 

ブログとクラウドファンディングです。

それぞれについて思うことを書き連ねてみました。

ブログ

1つ目は、ブログ。

「ウェブログ」が略されて「ブログ」となったのですが、今では「ブログ」という言葉はテレビでも説明なしに使われるぐらい浸透している言葉となっています。

 

日記を書く人もいれば、小説を書く人もいるし、自分の意見や理論を書く人もいます。

スマートフォンでも簡単に更新ができるようにもなっていますよね。

 

晴れ間のブログは、2018年の元日から理事の3人で更新することに決めて動き始めました。

まさのりもさだっちも2人とも、幸い書くこと自体には慣れていたので良かったです。

「3人で(ほぼ)毎日更新」を当面の目標としています。

 

晴れ間ブログの目的は、晴れ間のことをもっと知ってもらう機会を増やすためです。

最初は「広く浅く」で運営してきたのですが、徐々に「狭く深く」を好むようになりました。

どういうことかと言うと、「誰でも大歓迎」で楽しめていたのが、段々と「そうでもなくなってきたぞ」と変化してきたのです。

 

結果、Facebookでバンバンとイベントページを作成して発信してきたのが、次第になくなっていき、今は月に1つもないことの方が多くなっています。

すると、会う人に「晴れ間って最近イベントないですよね?」と聞かれるようになりました。

その度に「実はFacebookのイベントページで発信するのはやめて、メッセンジャーグループを活用してこっそり開催してるんです」と答えています。

 

そんな日が続いていたのですが、なぜか晴れ間の常連さんが岡山県外や日本国外に引っ越ししてしまうことが多く、「これは晴れ間常連あるあるなのか」と思いたくなるほどです。

毎年のように誰かが岡山を離れては次の場所へ行ってしまわれます。

ざっと数えても通算10人以上は、東京を中心に関東や四国に移住し、中には海外へ1,2年という人も。

 

岡山に帰ってきたときには晴れ間を訪ねてくれて嬉しいのですが、せっかく仲良くなったのに、会う頻度が減ってしまうのは正直さみしさもあります。

そんなことも要因となって、新しく晴れ間で一緒に楽しく過ごせる人を求めるようになったのでしょう。

 

ブログは、これまで晴れ間に来たことがある人に「また行きたいな」と思ってもらえたらという気持ちと、「いつか行ってみたいな」という新たな出会いのきっかけにもなれば嬉しいなという想いで始めました。

発信することは勇気がいることでもあるのですが、何もしなければ何も変わらないので、今できることの1つとして僕たち晴れ間の言葉を届けてみたいなと思っています。

クラウドファンディング

2つ目は、クラウドファンディング。

 

▼クラウドファンディング(Wikipedia)

クラウドファンディング(英語: Crowdfunding)とは、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である。

 

簡単にまとめると「ネットで資金調達すること」です。

これに2018年は挑戦しようと思っています。

 

というか、実は1つもう始動しています。

晴れ間ファンクラブ

 

「ファンクラブ」と書いていますが、よくあるクラウドファンディングとはちょっとだけ違います。

支援するのが「単発」ではなく「毎月」なのです。

 

晴れ間は、2011.10.01に開業しました。

最初は雑貨屋として岡山のものを販売していたのですが、2年目から徐々に移行して今のスペース運営に様変わりしたのです。

 

スペース運営になってから最初は「寄付制」で運営していました。

エクセルで料金表を作成していたのですが、完成した瞬間に「なんかおもしろくない」と思ってしまったのです。

 

「自分は今までお金がないときにいろんな人に助けてもらったり支えてもらったりしたおかげで今がある」

「お金がなくて寝食できる空間があると自分なら嬉しい」

そんな気持ちが高まった結果、それを形にするために「寄付制」を採用することに。

 

しかし、いざやり始めると良いことも悪いことも起こりました。

最終的には、金銭面と精神面のどちらも限界に達して、2016.01.01からは「料金制」に変更しました。

 

ですが、「寄付制」の経験は良い勉強になったし、そのときの良かった部分のいくらかはもう1度取り戻せたらなという想いがずっとありました。

さだっちともときどき「何とかしたいよな」と何度か話をしていたのです。

 

「クラウドファンディングならそれができるかもしれない」と可能性を感じていました。

2017年中も「やろうやろう」と言っていたのですが、実行・実現には至らずでした。

 

その原因は「書けないこと」だと思い、2017年の9月から個人でひっそりブログを開始。

まだ誰にも教えていませんが、やっていることは話せるようになってきました。

文字数や更新頻度もちょっとずつ増やすことができて、習慣化と基礎体力ができた気がします。

 

そのおかげで、クラウドファンディングも公開できるところまで来たのです。

クラウドファンディングも文章が必要なので、書くことに躊躇していたら前には進めません。

 

秘密の個人ブログで得た書く習慣を携えて、これからクラウドファンディングを活用した新たな晴れ間の運営体制を築いていけたら良いなと思っています。

まさと

この記事の書き手

まさと

NPO法人晴れ間 代表理事。1987年4月10日、大阪府大阪市にて生誕。小中高は愛媛で生活。大学に入学した2006年から岡山市在住。大学卒業後そのまま起業。2010年10月に創業し、2011年10月1日に晴れ間を開業。『うらじゃ』にも2008年から参加している。

ブログカテゴリー

ブログメンバー


最近の記事

みんなの晴れ間

@harema_okayama

instagram#晴れ間岡山で投稿!

晴れ間とは?

特定非営利活動法人晴れ間(NPO法人晴れ間)。
創業:2010.04.01〜、開業:2011.10.01〜(『晴れ間』開店日)、法人化:2014.04.01〜。
雑貨屋、完全寄付制のフリースペース、予約制の貸しスペースを経て、現在は会員制のコワーキングハウスとして運営中。
安心して生きれる社会と、+αのチャレンジ精神を生み出す、ゆるやかな人の繋がりづくりを目指して、イベントやコンテンツ作りを行なっている。

運営メンバー

『晴れ間』は、NPO法人(特定非営利活動法人)として、3人の理事を中心に運営しています。

代表理事

渡邊 雅斗

わたなべ まさと

1987年4月10日、大阪府大阪市にて生誕。小中高は愛媛で生活。大学に入学した2006年から岡山市在住。大学卒業後そのまま起業。2010年10月に創業し、2011年10月1日に晴れ間を開業。『うらじゃ』にも2008年から参加している。

ブログ記事を見る >

副代表理事

山本 将徳

やまもと まさのり

岡山県津山市出身。晴れ間の他にも、複数のNPOや一般社団法人、岡山市の商店街などで事務や経理などを担当している。好きな食べ物は柿の種多めの柿ピー。

ブログ記事を見る >

理 事

杉原 禎章

すぎはら さだあき

岡山市出身。県立大学でプロダクトデザインを学んでいた頃にお客として晴れ間を訪れる。集う人の多様さに衝撃を受け、主にデザイン制作で晴れ間と関わることとなる。現在はデザイン会社勤務。

ブログ記事を見る >

東京支部

田中 智美

たなか ともみ

東京都出身。ひょんなことから、代表まさとと出会い、晴れ間に遊びに来る。1週間岡山観光もせず晴れ間で毎日、人と出会い続けたことから、コミュニティの面白さを感じ、東京支部をつくりたいと思っている。

ブログ記事を見る >