晴れ間が会員贔屓な理由。

大事な人の大事なお金を預かっているから。

当然ですが、お金をいただいているからです。

会員になる理由は、人それぞれ。

ですが、何かしら「晴れ間にお金を払っても良い」と思うだけの価値や魅力があるからこそ、会員になってくださっているはず。

だからこそ、僕(まさと)は、晴れ間運営上の時間や労力のすべてを会員さんに捧げたいくらいです。

正直、会員でない人への発信はたまにで良し。

  • 9割:1割
  • 99%:1%
  • 上記ぐらい差があっても良いと思っています。
  • 理由は、月に500円や1,000円のお金もない人は身近にいないからです。
  • 1円も無駄遣いをせず節約できている人は仕方ないですが、1日あたり50未満の余裕もない人はそうそういないはず。
  • とするなら、その貴重なお金を晴れ間に預けてくれる人の存在は絶大に尊く、僕(まさと)は優先順位をつけて良いと考えます。
  • 会員さんに還元する。
  • とことん会員贔屓。
  • 僕らは会員案内も会員になってほしい人にしか出さないので、なおさらです。
  • 晴れ間は、大事な人の大事なお金を預かっています。
  • よって、晴れ間は会員贔屓なのです。
  • 月額課金=毎月定額=サブスクリプションだから。

    さらに、月額制だからです。

    単発制でも年額制でもことにも理由があります。

    それは、晴れ間の経費が月単位だからです。

    1. 家賃
    2. 水道代
    3. 電気代
    4. ガス代
    5. インターネット代

    拠点の維持に必要な上記5つは月額制。

    それが賄えることが晴れ間運営の肝なので、支出に合わせて収入も月額制が安定運営に必要と判断しました。

    出るお金より入るお金が多ければ良し。

    これまでは出石町の1軒だけですが、これから例えば東京や愛媛の大洲にも晴れ間が増えたら?

    3か所分の固定費がかかるようになります。

    1. 家賃
    2. 水道代
    3. 電気代
    4. ガス代
    5. インターネット代

    単純計算で3倍前後ですね。

    出石町の物件基準だと、5万円分の月額会費収入があれば、物件を1つ借りることができます。

    すると、会員さんが集まれる場所が1つ確保できるわけです。

    月額の固定収入が、10万円になれば2か所目、15万円になれば3か所目…と増やせます。

    東京は都心部だと10万円はかかるかもしれませんが、ひとまず目安です。

    晴れ間の長年の夢であり、目標とする理想の1つに「多拠点化」があります。

    文字通り、晴れ間が広がる。

    そんな絵を想像してみてください。

    そのためには、安定収入が不可欠。

    今後は、会員さんへのオンライン特典を充実させ、オフライン特典としての拠点を増やせるようにしたいです。

    月額制は躊躇されることが多いですが、そこを乗り越えて晴れ間の会員仲間になる人が増え、物件の全国展開も広がっていく。

    そんな理想が現実となるよう一緒に盛り上げていただけると嬉しいです。