よくある質問。退居したら晴れ間やまさとさんはどうなるの?

「背水の陣」で会員募集中の晴れ間です。

毎日、Facebookのメッセンジャーで誰かに相談やお願いの連絡をしています。

すると、よく聞かれる質問があることに気づいたのです。

これまでに下記のようなやり取りを何度かしました。

「退居したら晴れ間やまさとさんはどうなるんですか?」

まさと「とりあえず愛媛の実家かな?」

ひとまずは僕自身の生活拠点を岡山から愛媛に移動させます。

晴れ間の事業活動は、出石町の物件がなくても継続します。

が、オンラインのみでコミュニティーが存続できるか次第です。

昨今のオンラインサロンのように、晴れ間コミュニティーも維持できれば問題ありません。

逆に、それが不可能だった場合は、晴れ間自体の解散可能性もあります。

晴れ間は、『だっぴ』イベントをキッカケに出会った出石町の空き家という、リアルな場から始まり広がったコミュニティーです。

よって、物理的な拠点なしに、インターネット上だけでどこまでできるかは未知数。

だからこそ、物件を維持できるよう諦めないことに決めました。

誕生日会やご飯会や飲み会を、これからもできるように。

けど、場所にとらわれず2拠点・3拠点で生活・活動したいという想いもあります。

今回の「背水の陣」は、そんな僕の理想を実現させても良いかを問う機会でもあります。

  • 「ふざけんな」
  • 「イベントでもバイトでもして自力で稼げ」

過去にも似たようなことは何度も言われました。

晴れ間の価値観に近いと思う人にも、このように思われた場合は仕方ないです。

が、オンラインサロンがオフラインの場をつくろうとしている流れがあるってことは、可能性はあるはず。

西野サロンも箕輪サロンも、サロンメンバーつまり会員が自由に活用できるレンタルスペースやシェアハウスを準備しています。

オンラインからオフラインへ。

一方、晴れ間は、オフラインからオンラインへ。

始まりや流れは逆でも、オンラインとオフラインの良いところを取り、悪いところを補い…という形は一緒です。

晴れ間も今は出石町にしかありませんが、僕が2拠点・3拠点で生活・活動したいのは、晴れ間を増やしたい・広げたいからでもあります。

岡山だけでなく、愛媛にもある、東京にもある、どこそこにもある。

そんな状態を目指しています。

住みたいときに住みたいところで住みたいだけ住む。

そんな生き方・働き方が、晴れ間が描く理想の未来です。

「心身ともに健康」という理念の実現・体現にもつながります。